ネズミ駆除 シロアリ駆除 ゴキブリ駆除 ハチ駆除 トコジラミ駆除 ハクビシン駆除 アリ駆除 ダニ駆除 チョウバエ駆除 コウモリ駆除 ハト駆除 食品害虫駆除 木材害虫駆除 植栽害虫駆除 繊維害虫駆除 害獣駆除 衛生害虫駆除 多足類駆除

twitter instagram

問い合わせ



【侵入口の調査】

害獣は建物の中に侵入する際、劣化して穴の開いた場所や薄い材料を剥がして侵入します。害獣の種類にもよりますがソフトボールほどの大きさがあれば大体侵入されます。屋根や床下など様々な場所から侵入し壁の中を行き来しながら住みやすい空間に営巣します。
【痕跡の調査】
【足跡】 【屋根裏や懐】
縦樋や屋根、壁など建物の外周に害獣の足跡を確認し侵入経路を特定します。 害獣は営巣場所に屋根裏や懐を選びます。現物確認やため糞を見付けます。



【捕獲作業】

害獣を捕獲するため、天井や懐、床下に箱わなを設置し捕獲完了後回収します。

【閉塞作業】


害獣の侵入口をパンチングメタルなどの金属製の物で閉塞し建物内に侵入できないようにします。

切妻屋根形状の軒天下及び破風板裏のタートルメッシュ閉塞

【閉塞作業(アライグマ対応)】





アライグマが侵入する入り口の閉塞にはパンチングメタルのような爪が掛かりやすい素材では容易に捲られてしまうため爪の掛からないアルミパネル等で閉塞します。

【防通作業】





【清掃作業】

害獣が排泄した糞(ため糞)を全て回収します。

【断熱材交換】

獣類に汚染されてしまった断熱材を撤去し新品に交換します。

【消毒作業】

害獣侵入により媒介される雑菌や糞尿の消毒作業を実施します。

【点検口作成】

建物によっては天井裏や床下の点検口が無い場合や害獣が生息している場所以外にしか点検口が無い場合、適所に点検口を増設して早く駆除を遂行します。


※上記バナーをクリックすると害獣の生態ページへ飛びます。

問い合わせ

お問い合わせはコチラをタップ0120-17-6406受付時間:9時〜18時(日曜は除く)