TOP お問い合わせ

ネズミ駆除 シロアリ駆除 ゴキブリ駆除 ハチ駆除 トコジラミ駆除 ハクビシン駆除 アリ駆除 ダニ駆除 チョウバエ駆除 コウモリ駆除 ハト駆除 食品害虫駆除 木材害虫駆除 植栽害虫駆除 繊維害虫駆除 害獣駆除 衛生害虫駆除 多足類駆除

問い合わせ






家住性のネズミも建物内に棲むためには、必ず出入りする侵入口があります。
直径が15mmもあれば侵入できるので、その小さな穴を発見することがとても重要です。
居住者が生活するにあたって普段は気にしない隙間などもファイバースコープで隅々まで調査します!
ネズミが行き来する経路や出没する場所にUV(紫外線)を当てることにより
ネズミの足跡を発見できる蛍光粉末を撒粉し生息状況や活動範囲を把握します。
聴診器を使用して居住者が普段聞こえないようなネズミの足音や物を齧る音も聞き逃すことなく生息場所を特定します。
室内や小屋裏にモニターを設置して家住性ネズミの種類、生息数、活動範囲、繁殖の
有無などを調査します。

室内
天井裏
床下
外周
加工して作られた侵入口の有無/家具裏などの営巣場所・糞/食害の有無/室内状況 小屋組での侵入口/断熱材による営巣・糞の有無/梁・天板への足跡 地面の巣穴/床下からの侵入口/配管の未施工部分 建物周辺での解体現場・空家の有無/電線・樋の形状/配管の室内への施工箇所

配管孔
水切り裏
換気口
戸袋の中
屋根


ネズミは家屋に侵入する際、その侵入口を何度も往復するため体表に付いた汚れが侵入口周りに付着し独特な汚れを残します。



ネズミは家屋で簡易的に留まる場所をいくつか持つため、その場所や通路には多数の糞を排泄します。



ネズミは一生前歯が伸び続けるため歯を削る習性で物をかじります。



天井裏や家具の裏側などは埃が堆積しているので歩くことにより足跡が残ります。



ネズミは土を掘る習性があります。建物の周りが土の場合、穴を掘られて侵入されることがあります。

問い合わせ

ネズミが建物の中に居ると言うことは建物の外壁や造作部の隙間など必ずネズミが侵入する穴や隙間が存在します。 そのネズミの侵入口を徹底的に塞ぎます。
ネズミの侵入口を塞ぐ材料に木材や樹脂パネルなどを使用するとかじられ穴を開けられてしまうためアルミのパンチングシートで塞ぎます。

【閉塞例】

【床下通気孔の閉塞】

基礎シーリング閉塞
基礎アンカープラグ閉塞
面格子直貼り閉塞
【シャッターボックスの閉塞】

【戸袋内壁の閉塞】

【キッチン収納裏閉塞】

【システムキッチン配管配線挿入部閉塞】
【上り框裏閉塞】
【基礎廻り閉塞】
【瓦と破風板の隙間の閉塞】
【特殊閉塞】
収納内全面閉塞
複雑な配管スペースの閉塞


ネズミが建物に侵入する際、店舗でも一般住宅でもほぼ天井裏や壁の中を移動します。 天井裏などの人が存在しないスペースを広範囲に粘着トラップを敷設して捕獲します。
店舗厨房やフロアは営業時間外、住宅居室などは就寝時など人の活動を妨げることなく施工を実施します。

【粘着トラップ設置例】




ネズミは活動範囲において決まった排泄場所はなく広範囲に糞や尿を排泄します。天井裏などの天井板には糞が堆積し衛生上とても危険です。ネズミを駆除すると共に糞を清掃し環境改善します。

他社による天井裏への毒餌設置に伴い基材として使用されたヒマワリの種子をネズミに摂食され残渣として残った種の殻や毒餌の粉末と排泄された糞の清掃をし環境改善します。




ネズミによって汚染されてしまった断熱材を撤去し新品に交換します。




【箱わな設置例】

警戒心の強いクマネズミにはあまり使いませんがドブネズミやハツカネズミには有効で使用することもあります。 設置は天井裏や家具類の上部や裏側、ネズミの通路などに設置します。



【毒餌設置例】

カゴトラップ、粘着トラップの危険性を学習してしまっているネズミに効果を発揮します。 閉所などのトラップ設置困難な場所にも使用します。



【忌避剤散布例】

比較的低能、未熟な個体に使用します。
慣れも傾向的にありますが即効性が望めます。
侵入口が限定される場合閉塞作業をする前に追い出し効果として使用することもあります。


侵入経路が限定された場合や通路となりえる場所に予防的に防通施工したり室内和室の長押の裏より室内侵入される場合は防通施工します。
【防通施工例】



建物によっては、天井裏や床下の点検口が無い場合やネズミが生息している場所以外にしか点検口が無い場合、適所に点検口を増設して早く駆除を遂行します。
【点検口増設例】


問い合わせ

現在の殺鼠剤には、剤型が固形物、粉末に分かれます。市販されている物や業務用の物の有効成分も含有量が違えど、さほど変わりません。
もちろんネズミが摂食すると死に至る薬剤なので人にとっても決して安全ではありません。
クマリン系のクマテトラリル、ワルファリンが代表的ですが抵抗性が発現されているためジフェチアロールやジフェチアロンが有効です。
毒性が強いため業務用にて黄燐、リン化亜鉛、ノボルマイドなどの急性毒性殺鼠剤もあります。
使用方法や使用量を間違えると事故に繋がることもあります。
私どもペストコントロール技術者はネズミの種類や抵抗性個体(群)への投与法、剤の有効成分の遅効性、急性によっての使い分けを熟知しています。
ネズミ駆除にもっとも効果的でかつ安全な使用方法で施工します。


【イエダニ駆除】
ネズミに寄生するイエダニはネズミと共に建物に侵入します。 寄生しているネズミが死ぬと新たな宿主を求めて人間が吸血されることがあります。 イエダニは吸血性なので著しい痒みや皮膚炎などの被害に繋がります。 感染症を媒介するのでネズミと同様イエダニの駆除も行うのが望ましいと思います。 居住スペースは清掃することで死骸や糞の除去ができます。 居住スペース、小屋裏などはULV処理で駆除します。

【脱臭殺菌消毒】
ネズミは簡易的に営巣しますが糞尿は決まった場所でなくあちこちに排泄します。 歩行しながら排泄するので全体的に悪臭が発生します。 病原菌も排泄物に含まれているため人体に感染する可能性があるのでネズミ駆除完了後に脱臭殺菌処理を行うことをお勧めします。

【配線工事】
ネズミは物をかじる習性があり配線を通している穴などから侵入するため邪魔な配線をかじったり特に意味もなく配線カバーを削り取ったりします。 剥き出しになった銅線は漏電や火災の原因になるため非常に危険です。 当社の電気工事士が適切な配線補修、修理を施します。

建築物の解体工事を実施する場合「ネズミの生息調査」によりネズミの生息が確認された場合、駆除を区や市が条例で義務化している地域があります。建物の解体にあたり長年、空家状態や老朽化している建物の場合、近隣住民のご要望によりネズミ駆除を実施するケースも増えてきています。建築物解体前にネズミ駆除を実施することにより近隣へのネズミの拡散を防止することが目的です。
【施工例】
基本的には建築物を解体する1ヶ月〜2週間前から作業を実施します。居室・床下・天井裏等に粘着トラップを設置しネズミを捕獲します。解体までに日数の猶予が無い場合は粘着トラップを設置し忌避剤の散布により追い出し作業を実施し捕獲します。

※上記バナーをクリックするとネズミの生態ページへ飛びます。

問い合わせ

【駆除関連】 【生態関連】 【その他】
布基礎ハイブリッド工法  リメラボ  害虫同定  薬剤について  外基礎断熱工法  ハンドリングシリーズ 

著作権について
1. 当サイトにあるすべての画像と文章の著作権は株式会社三共リメイクにあります。
2. 営利・非営利に関わらず無断での使用は禁止します。