TOP お問い合わせ
ネズミ駆除 シロアリ駆除 ゴキブリ駆除 ハチ駆除 トコジラミ駆除 ハクビシン駆除 アリ駆除 ダニ駆除 チョウバエ駆除 コウモリ駆除 ハト駆除 食品害虫駆除 木材害虫駆除 植栽害虫駆除 繊維害虫駆除 害獣駆除 衛生害虫駆除 多足類駆除

問い合わせ



【床下液剤面状散布処理】

土壌またはベタ基礎を徘徊する多足類に対して液体の駆除処理剤を霧状にして土壌等に均一に散布することにより接触毒の作用で駆除します。
【外周液剤帯状散布処理】

敷地などの岩や木材、植木鉢や落ち葉の下は湿気があり多足類にとって潜みやすい場所なので液剤を散布することにより敷地内の多足類を建物に侵入させないよう処理します。
【ペースト剤帯状塗布処理】

室内に侵入する多足類は基礎などを登ります。予め通り道となる部分にペースト剤を塗布することにより接触作用で駆除します。美観的な問題から床下のみになります。
【粉剤面状散布処理】

多足類が潜む付近や建物の外周に粉剤を面状散布することで多足類が接触することにより駆除できます。
【外周粉剤帯状散布処理】

多足類が建物へ侵入する際、基礎を登るため建物の外周に粉剤を帯状散布することにより忌避効果及び接触による駆除処理ができます。
【スリッププレート取付】

薬剤の処理は残効性があり定期的に施工する必要があります。そこでスリッププレートを多足類の通り道に取り付け建物への侵入を半永久的に阻止できます。
【建物内粒剤帯状散布処理】

多足類が室内に侵入する場所としては床下から基礎を伝っての侵入、及び和室の畳の隙間からの侵入が最も多くその通り道となる内基礎の縁や畳下へ粒剤を帯状に散布し忌避効果及び接触により駆除します。生息密度によって布基礎天端=土台下端へ粒剤を散布し更なる接触効果を狙います。


玄関扉下

勝手口扉下

通風孔

水切下


石下

倒木下

植木鉢下

プランター下

落ち葉の下

床下


※上記バナーをクリックすると多足類の生態ページへ飛びます。

問い合わせ

【駆除関連】 【生態関連】 【その他】
布基礎ハイブリッド工法  リメラボ  害虫同定  薬剤について  外基礎断熱工法  ハンドリングシリーズ 

著作権について
1. 当サイトにあるすべての画像と文章の著作権は株式会社三共リメイクにあります。
2. 営利・非営利に関わらず無断での使用は禁止します。